ヤマトが引越し料金を過大請求!

ヤマトが引越し料金を過大請求!ヤマトよりも安い引越業者の探し方

投稿日:

クロネコヤマトといえば日通に次いでランキング上位に入る大手引越業者です。そのクロネコヤマトが法人向け引越しサービスで総額17億円もの過大請求をしていたことが発覚しニュースになりました。今回は法人向けサービスで起きた事件ですが、個人の引越しでも大手の名前だけを信用して契約するのはNGです。そこで今回は、引越し見積もりで損しないためにどうすれば良いのかについてお話します。

クロネコヤマトの引越しは安いの?高いの?

ヤマトの過大請求の事件があったので「クロネコヤマトの引越しは高いんじゃないの!?」と考える人が多くなりました。そこでこれまでの経験を踏まえて実際のところをお話したいと思います。

大手業者は基本的に見積もり高め!

クロネコヤマトに限ったことではありませんが大手の引越業者はどこも料金が高めです。自社ビルを持ってテレビCMをばんばん流してるわけですから、その費用は当然ユーザーに回ってきます。

特にファミリー引越しの場合は大手と格安の業者を比較すると2倍以上も見積もりが違うなんてことはザラにあります。なのでクロネコヤマトでなければいけないような理由でもない限り、ヤマト一社に見積もりを取って交渉をすすめるようなことはしない方が良いでしょう。

単身引越しならヤマトがお得な場合も

ファミリー引越しでは決して安くないヤマトですが単身引越しは違います。住んでいる場所や引越し先との距離次第では格安業者に匹敵する見積もりとなる場合もあります。

ただしヤマトの単身引越しが本当に安いかどうかを見極めるにはいろいろな業者で見積もりを取って比較する必要があります。一社毎に見積もりを請求するのは大変ですが、あとで説明する方法なら簡単に見積もりの比較ができますのでぜひやっておきましょう。

クロネコヤマト独自のサービスに魅力を感じるならアリ

「クロネコヤマトは大手だから安心」と感じている人は多いかもしれませんが、実際のところ大手も中小の企業も引越サービス自体に大差はありません。地域密着の小さな引越業者でも驚くほど丁寧に作業してくれますし、大手でもずさんな業者はいくらでもあります。ですから単純に『大手だから』という理由だけでクロネコヤマトを選ぶのはやめましょう。

ただし、クロネコヤマト独自のサービスに魅力を感じるなら利用する価値があるかもしれません。ヤマトの独自サービスといえば「盗聴器調査サービス」と「クロネコおまかせレンタル」の2つがあります。

ヤマトの盗聴器探査サービス

ヤマトの盗聴器探査サービスは新居に盗聴器や盗撮カメラが仕込まれていないかを調べてもらうサービスです。通常、盗聴器の探査は専門の業者が行うので費用がかかるイメージですが、ヤマトの盗聴探査サービスには格安でできる「無人遠隔探査サービス」があります。

「無人遠隔探査サービス」は『Mirca』という専用の機会を宅急便で受け取って自分でセットし、遠隔で盗聴器がないかどうかを調べてもらうというサービスになります。通常の盗聴器探査と違って専門家が新居まで来ることはありませんが、基本料金15,000円~という格安の料金で盗聴器の探査をすることができます。

もっと本格的に調べたい場合は「調査員訪問探査サービス」もあります。こちらはヤマトと提携している専門業者の調査員が直接新居まで来てくまなくチェックしてくれます。ただし基本料金25,000円~となっていますし窓口がヤマトというだけで完全に専門業者によるサービスなので費用面でお得感はありませんね。

家具や家電を借りられる!クロネコおまかせレンタル

単身赴任などで短期の引越しとなる場合、わざわざ家具や家電をすべて揃えるのは大変です。荷物が増えると次の引越しでも見積もりが高くなってしまいますしね。そういった場合でもクロネコおまかせレンタルを使えば、自分で家具家電を購入せずにすべてレンタルで揃えてしまうことも可能です。

気になる料金は中古の1人用冷蔵庫を2年借りた場合で20,500円、1人用洗濯機だと16,500円といった感じです。ハイアールなどの格安家電メーカーだと同じ金額で新品が買えるので単純にお得かというとそんなことはありません。ただ、転勤が多かったりでその都度部屋に合わせた家具家電を用意するのが大変だという場合には、こういったレンタルのサービスを活用するのもアリかなとは思います。

ヤマトより安い引越業者を簡単に見つける方法

クロネコヤマトに限らず引越見積もりを一社で取るのはNGです。

引越し業者の営業マンはプロ中のプロ。様々なテクニックを使って”できるだけ高い見積もりで契約しよう"としてきます。そんなプロを相手に引越し素人のあなたが対抗することはできません。

しかしただひとつだけ、うまく交渉を進めるテクニックがあります。それが『一括見積もり』です。

『一括見積もり』を使うとたくさんの引越業者があなたの指定した条件に合わせて見積もりをし、即座にメールで回答を出してくれます。

一括見積もりサイトを利用していることはそれぞれの引越業者も把握しているため、競合に勝とうとできるだけ安い見積もりを提示してくるのです。

実際のところ同じ業者であっても直接見積もりした場合と『一括見積もりサイト』を通した場合ではまったく料金が違います。

引越の際に一括見積もりサイトを使わずに直接引越し業者に電話してしまうなんていうのは、はっきり言ってしまえば「カモがネギをしょって歩いている」ようなものです。

一括見積もりのメリット

  • 安い業者と高い業者が一目瞭然!
  • 1回の入力でたくさんの業者に見積もり依頼ができる!
  • 煩わしい交渉をする必要なし!
  • 長時間の営業トークを聞かされる必要なし!

どう考えても活用した方がお得だと思いませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「ヤマトが引越し料金を過大請求!ヤマトよりも安い引越業者の探し方」というテーマで書いてみました。ヤマトの過大請求問題は法人向け引越しで起こったことなので、個人の引越しには関係ないかもしれません。しかし、そもそも引越し料金自体ユーザーにとっては不透明に感じる部分も多いので、一括見積もりサイトを使ってお得に引越しするようにしたいですね。

安く引越しするならまずは『引越し一括見積もりサイト』!

SUUMO【大手&電話番号入力不要だから女性も安心!】

SUUMOの特徴

・大手&電話番号入力不要だから女性も安心!
・引越し料金が最大50%も安くなる!

SUUMOはリクルートが運営する引越し見積もりサイトです。大手&電話番号入力が不要だから女性には特にオススメ!またSUUMOだけの特典もあったりするので、まずはここで見積もりしましょう!

SUUMOの引越し

引越し侍【最大10万円キャッシュバックキャンペーン】

引越し侍の特徴

・230社以上の引越し業者の中から最大10社まで無料一括見積もり!
・新生活応援キャンペーンで最大10万円キャッシュバック!

引越し情報と荷物を入力するだけで簡単に一括見積もりができます。最大10社の見積もりを比較することで引越し料金の差額が50%になることも。安く引越ししたい人におすすめの一括見積もりサイトです。

引越し侍

LIFULL 引越し見積もり【全国130社の中から厳選して見積もりができる!】

LIFULLの特徴

・日本最大級の不動産情報サイトが運営する引越し見積もりサイト!
・全国130の引越し業者の中から1番安い引越し業者を探すことができます!

LIFULL(旧HOME'S)だけの提携キャンペーンを利用して最大50%も引越し料金が安くなることも!平日を利用したり引越し業者の都合に合わせることでお得になるケースもあります。

LIFULL引越しの提携業者の一部

-引越代を安くするコツ
-

Copyright© 引越しマニアの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.