引越し前のいろいろな手続きチェックリスト

更新日:

引越しが決まったら役所関係や公共料金などの手続きが必要になります。直前になって慌てないように事前に引越し前チェックリストを作成しておくのがオススメです。

市役所で済ませておく引越し前の手続き

転出届 印鑑と身分証明書(免許証など)を持参して窓口へ。備え付けの住居異動届に記入して提出すると転出証明書が発行されます。
印鑑登録 印鑑登録をしている場合は、転出証明書が発行されると同時に登録が削除されます。
国民健康保険 国民健康保険の保険証と印鑑を持参して窓口へ。異動届を提出して保険証を返却します。
原付のナンバープレート 他府県に引越しでナンバーが変更される場合はナンバープレートと交付証明書と印鑑を持参して窓口へ。廃車届けに記入して提出します。

学校などで済ませておく引越し前の手続き

公立の小中学校 市役所でもらった転出届と印鑑を持参して教育委員会へ。異動票を発行してもらい通学している学校に提出します。
公立高等学校 都道府県によって転校の手続き方法が異なるので教育委員会へ問い合わせをして確認しておきましょう。

金融機関で済ませておく引越し前の手続き

郵便局 転居届けを出しておくと旧居に届いた郵便物が1年間は新居に転送してもらえます。手続きしてから転送開始まで1週間ほど時間がかかります。
ネット銀行 ネット銀行の口座を持っている場合は住所変更の手続きを。ネット上で手続きができる場合と書面での手続きが必要になる場合があるので銀行に確認しておきましょう。
クレジットカード クレジットカード会社のホームページ上で手続きが可能です。またはカード会社に電話をして手続きをすることもできます。

電気・ガス・水道の手続き

電気  各電力会社のホームページで使用廃止と新居での使用開始の手続きが同時に行えます。
ガス  電話かインターネットで使用中止の連絡をします。立会いが必要な場合もあるので、その場合は退去日にガス閉栓の立会いをします。
水道  水道会社のホームページで使用中止の手続きが行えます。同一エリア内であれば使用開始の手続きも同時に行えます。

電話の引越し前の手続き

固定電話・インターネット  116に電話して移転または解約の手続きをします。固定電話の場合は引越しの2週間前、ADSLやフレッツの場合は3週間前までに連絡しておきましょう。
携帯電話  パソコンやスマートフォンからの手続き、または店頭での手続きが可能です。店頭で手続きする場合は電話機本体・印鑑・本人確認書類が必要です。

まとめ

その他にも住所変更手続きが必要になるものがあるかもしれませんが、ここで紹介したものはほぼすべての人に当てはまるかと思います。

引越しの1ヶ月前にはチェックリストを作成して忘れ物をしないように注意しておきましょう。

安く引越しするならまずは『引越し一括見積もりサイト』!

引越し侍【最大10万円キャッシュバックキャンペーン】

引越し侍の特徴

・230社以上の引越し業者の中から最大10社まで無料一括見積もり!
・新生活応援キャンペーンで最大10万円キャッシュバック!

引越し情報と荷物を入力するだけで簡単に一括見積もりができます。最大10社の見積もりを比較することで引越し料金の差額が50%になることも。安く引越ししたい人におすすめの一括見積もりサイトです。

引越し侍

LIFULL 引越し見積もり【全国130社の中から厳選して見積もりができる!】

・日本最大級の不動産情報サイトが運営する引越し見積もりサイト!
・全国130の引越し業者の中から1番安い引越し業者を探すことができます!

LIFULL(旧HOME'S)だけの提携キャンペーンを利用して最大50%も引越し料金が安くなることも!平日を利用したり引越し業者の都合に合わせることでお得になるケースもあります。

LIFULL引越しの提携業者の一部

引越し達人セレクト【最大55%OFF】

引越し達人セレクトの特徴

・WEBからお見積もりするだけで最大55%OFF!
・大手、中堅の引越し業者に的を絞って無料一括見積もり!

引越し達人セレクトは大手中堅の引越し業者に絞って無料一括見積もりができるサイトです。今ならニトリやニッセン等の製品やサービスが最大80%OFFになる会員優待など総額13万円お得になる新生活応援5大特典が付いてきます。

引越し達人セレクト

-部屋探し豆知識
-,

Copyright© 引越しマニアの備忘録 , 2018 All Rights Reserved.